• ユーカリ

減量日記

最終更新: 7月22日




大会に向けて減量中の現在の減量報告をさせて頂きます。


この記事は、ダイエットの停滞で苦しむ方のヒントになるかもしれません。


体重は71kgからスタート。1月28日から徐々にクリーンな食事に変えて、ケトジェニックダイエットに進みました。


現在の体重は3月現在で66kg。


目標は5月10日(日)のベストボディジャパン神戸大会に向けて60kgで体を仕上げることです。


減量が進み、少し停滞する時期がきました。


停滞の基準とは曖昧なものですが、今回は気付きをシェアしたいと思います。


①そもそも停滞ではない

②カロリーを制限しすぎている(代謝が下がっている状態)


大きく分けて2つ。


順を追って説明します。


まず

①そもそも停滞ではない


停滞を定義することは出来ませんが、体重計に誤魔化されてはいけないということです。


それは、その日のコンディション(浮腫や前日食べたものの影響、グリコーゲンの貯蔵、運動頻度)によって変わるからです。


体重は一気には下がりません。


もし、一気に下がっているのであれば、それは筋肉が削られている可能性があります。


何gかでも減っているのであれば、暫くは様子をみる方が良いかと思います。


焦って減量方法を変えたりすると、逆効果になることもあるそうです。


続いて

②カロリーを制限しすぎている


人間には恒常性(ホメオスタシス)というものが存在します。


どういうものかと言うと、減量で食事量を減らし、エネルギー量を減らそうとすると、代謝がそのエネルギーでも十分生活出来ると理解し、代謝を下げてしまいます。


なので〝食べて痩せる〟


エネルギー量をなるべく下げずに、運動や栄養バランスを考えて減量する方が良いんです。


と書いている僕ですが、ケトジェニックダイエットが順調に進み、徐々にカロリーを下げたところで、代謝が落ちて、日中の疲れが顕著になりました。


大会までの期間がある事による焦りからか、カロリーを制限を早まった結果です。


頭で理解していても難しいものですよ笑


そこで行ったのが、〝チート〟というものです。


これは下がった代謝を引き戻すための作業です。


ケトジェニックダイエットのチートの場合は、体重×6gの糖質を身体に入れていきます。


通常、体重×6gを1日に食べれない方は2日間にかけて食べますが、僕は1日で行いました。


これがチートの内容です。


体調も良くなり、便も1日で5~6回ありました。


腸の動きも活性化されたイメージです。


ケトジェニックダイエットで停滞した時に取る対処は2つあります。


・チート

・ローファットダイエットへの切り替え


です。ローファットとは脂質を抑えるダイエットですね。


このローファットダイエットは大会1ヶ月前から行うようにしたいと思っていたので、今回は〝チート〟を選択しました。


ダイエットは頭で分かっていても難しいものです。


最後にダイエットはただ単なる計算式ではありません。


人間には免疫というものも存在します。


免疫力を上げるのに1番良い方法は〝笑う〟事だと思っています。


笑って免疫力をつけて、ダイエットも成功させて、コロナウイルスもやっつけましょう💁‍♂️


最新記事

すべて表示
  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter