• ユーカリ

自律神経を整えるには

最終更新: 7月22日




最近ではTVなどでも自律神経について取り上げられることが多いですよね。


今回は自律神経についての解説と自律神経を整える方法を解説します。


まず自律神経は2種類存在します。


交感神経

副交感神経

です。


交感神経は通常日中に活動する時、ここぞという時に心拍数を上げる時に使う神経です。


動物で言うと狩りの時が、この神経の最も活動する時です。


一方、副交感神経はリラックスする時に働く神経です。


なので両方の神経は拮抗する(相反する)神経になります。


そして、2つの神経は、どちらかが働いている時は、もう一方が活動を弱めます。


いわゆる自律神経失調症自律神経の乱れと言われる方は、この神経のスイッチが乱れてしまっている状態です。


交感神経優位になっていることが多いです。


なので常に活動の神経が働き、リラックス出来る状態にならず、身体が疲れてしまっている状態ですね。


では、その交感神経優位になっている状態から副交感神経に切り替える私なりのポイントをお伝えします。


①ホットタオルやホットアイマスクを使う


ホットタオルにアロマオイルを垂らして、ちょうど頭と首の境になる部分に当てます。


すると脳内にも血液の循環を促すことが出来ますし、アロマによるリラックス効果も期待出来ます。


僕のオススメのアロマオイルは院内でも使っております《ベルガモット》と《ユーカリ》です。


とてもリラックス効果がありますので是非試してみて下さい!


そしてホットアイマスクは目の奥にある毛様体神経節という副交感神経繊維に対して刺激します。


副交感神経の線維なのでリラックスすること間違いなしです!


次は②瞑想です。


瞑想は自分の今の心に気付く時間。


忙しすぎる方にとってリラックスする時間・余裕がないという方でも5分で良いので試してみてください。


やり方は色々とあります。


今度、僕なりの瞑想のやり方を解説したいと思っておりますので、またチェックしてみてください。


瞑想は僕を変えてくれました。


今から8年ほど前になるのですが、夜寝る前になると過呼吸が起こり、寝られないということがありました。


ネットや本で色々と模索した結果、この瞑想に行きつき、改善した過去があります。


そして最後③筋トレです。


筋トレは自分に自信がつくのと同時に様々なホルモンが脳内から出ます。


もちろん、これらに自律神経を整える効果もあるため是非試してみてください。


ジムに行くのが億劫だなと言う方は、まずはウォーキングから始めてみてください!


朝一番のウォーキングは1日のパフォーマンスを上げて脳内が目覚めるのに最適!


他にも自律神経を整える方法はあります。


以前、動画にしていますので、そちらを参考にしてみて下さい。



9回の閲覧
  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter