• ユーカリ

何故、足を組むといけないのか

最終更新: 7月22日


座っている時に足を組む方も多いと思います。


足を組むことは身体の歪みに繋がるのでしない方が良いのですが、今回は足を組むことによってどのような影響があるか解説したいと思います。


足を組むと《骨盤》の左右の高さの違いや捻れが生まれます。



この図で想像して下さい。


骨盤の左右の高さが変わると他に何が変わると思いますか?


それは背骨も二次的に歪みが発生します。


例えば足を組むことによって左に傾くとしましょう。


しかし脳や視線は水平線を保とうとする性質があるので上半身は逆側の右側に傾きます。 



そこからくる痛みや不調で多いのが


骨盤関係で言うと腰痛や生理不順など。


上半身の問題では、肩が凝りやすかったり、頭痛、身体の怠さに繋がります。


そして脳に対しても血液供給が正しい姿勢よりかは悪くなってしまうので、思考力の低下に繋がります。


現在では子供でも多く、姿勢不良で思考力や集中力が低下し勉学に本来の力を発揮出来なかったり、落ち着きのない子供が増えてきたように感じます。


電車内でも足を組んでる方を多く見ます。


その時には症状は出ていなくても、時間が経った時に痛みや不調が出ることが多いです。


今、正しい姿勢を心がけたり、歪みがあるのであれば、しっかりと調整してもらえる施術所で施術を受けるべきだと思います。


皆さんの参考になれば幸いです。


  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter