• ユーカリ

何故、何でもない所でつまづくのか

最終更新: 7月22日




なんでもない所でつまづく。


経験ある方もいるのではないでしょうか?


そのつまづく原因は《腸腰筋》の筋力低下や硬さが影響していることが多いです。


腸腰筋とは


大腰筋と腸骨筋という2つの筋肉を合わせて呼ぶ名称で腰椎に付着して骨盤の内側に張り付く筋肉です。


どういった作用があるかと言うと股関節を持ち上げる時に機能する筋肉です。


つまづくということは足が上がっていないと捉えることも出来ます。


しっかり段差のある所は段差を視覚的に捉え、意識して足を上げることが出来ますが、小さな段差では意識することが出来ず、普段の歩き方が影響します。


腸腰筋は腰の神経です。


腰椎に歪みがあったり、腰痛があるだけで足は上がりにくくなります。


ストレッチをするならベッドで仰向けで寝て片足をベッドの外側に垂らすと、この筋肉の作用と逆側に足をもっていくことが出来るので、腸腰筋のストレッチをすることが出来ます。


もし、何でもない所でつまづくことがあれば腰の調子が悪いのかな?と思ったり、筋力の低下や筋肉の硬さが影響しているのかな?と思って下さい!


そして今回のストレッチも試してみてください!


ベッドで行うので、足を垂らしたまま寝ないで下さいね!


翌朝、腰が激痛になると思いますので。。。💦


  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter