• ユーカリ

マスクと頭痛と熱中症は関係していた!?


マスク着用で暑い!

なんだか最近よく頭痛がする!

こんな悩みをお持ちの方は今回のブログが参考になるかもしれません。

是非最後まで読んでみてください。


皆さんこんにちは。

梅雨が明けてから暑くなってきましたね。

何だか救急車の音も多いように感じています。

何でもコロナよりも熱中症の方のほうが多いのだとか...

救急車の音は熱中症の方を乗せているからなのかもしれませんね。

患者さんの施術をしていても呼吸の質や一定の歪みのポイントが見つかることが増えてきました。

これは暑さとマスクの影響ではないか?と考え、調べてみました。

すると色々と分かることがあったのでお伝えしたいと思います。

今回も対策についてまで解説しております。

お話する内容はこちら⇩

①マスク着用によって起こっている頭痛について ②マスク着用によって起こる熱中症について ③頭痛や熱中症の予防対策はどのようにしたら良いのか

これらをお話させて頂きます。

①マスク着用によって起こっている頭痛について


マスクの影響で頭痛が多くなるのは《呼吸》が影響している可能性があります。

マスクをつけることによって口呼吸にはなっていませんか?

気付いたら口が開いていた!ということも少なくないのではないでしょうか?

医学博士の方によると鼻呼吸が適切に行われないことによって冷たく乾いた空気が直接肺に送られ、肺の機能が落ちてしまう恐れがあるそうです。

鼻の奥には様々な空洞があります。

この空洞から一酸化窒素という空気が供給されるそうです。

この一酸化窒素は血管をやわらかく広げ、血流をスムーズにする役割があるそうです。

口呼吸によって、これらの供給を受けにくい環境になることによって血流が悪くなることがあります。


特に首から肩の血流は頭痛と大きく関係していて、頭の中に血液が流れにくくなると頭の中が酸欠状態になってしまいます。

(血液が酸素を運ぶため)

この頭の中の酸欠状態が《頭痛》というパターンが多いように感じます。

これは呼吸の仕方を変えることによって改善する可能性があります。

最後にマスクでの呼吸の方法を解説しますので参考にしてみてください。

②マスク着用によって起こる熱中症について


熱中症も多くなってきていますよね。

これから暑い日が続くと思うので、もっと増えそうな気がしています。

今回の熱中症に関しての記事は私が臨床で感じたポイントをお話して、それに対しての考察になります。

私が臨床で患者さんを診る中で、ふと歪みで多いポイントがありました。

それが《甲状腺》という部位です。


この部位はどのような機能があるかと言いますと体温の調節維持に重要な役割をする器官です。ー著書:解剖学講義より引用

ここに歪みが出ている方が多くいました。

これは私の考察ですが、先程の医学博士の記事の通り、呼吸の質が変化していることによって甲状腺の動きに影響している可能性があります。

甲状腺が体温調節維持を機能するところです。

外が暑くなった時に体温調節維持が出来なくなることによって熱中症が増えているのではないでしょうか?

マスクの中で熱が籠るからということもあるとは思いますが、このようなことも体の機能から考えられるとは思いませんか?

それではいよいよ予防・対策について解説します⇩

③頭痛や熱中症の予防対策はどのようにしたら良いのか

マスク着用によって口呼吸になっていることがあるとお話しました。


この呼吸の仕方を変えることによって頭痛や熱中症の予防・対策が出来るのではないかと考えております。

順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生が良い呼吸の仕方をお伝えしております。

それが

《長生き呼吸法》

この長生き呼吸法のやり方は⇩

①まっすぐに立つ。両手は左右のお腹の肋骨の下をつかむ  ②上体を前に倒しながら、6秒、口から息を吐く (同時に、脇腹の肉をおへそに集めるイメージで両手に力を入れる。腸に刺激を与える)  ③背中を反らしながら、3秒、鼻から息を吸う (同時に、腸に刺激を与えていた両手の力をゆるめる) これを繰り返すそうです。 歩いている時、活動している時は①の手順は出来ないとは思いますが、それでも効果はあると思っております。 呼吸を整えることによって血流が変わります。 血流が変わることによって頭痛や熱中症の予防・改善が期待できますので是非お試し下さい。 これらを試しても不調が改善されない方は当院がお役に立てると思います。 LINEの方からお気軽にお申し出下さい。 LINE Add Friend 監修:樋口亮太/柔道整復師 #マスク #熱中症 #頭痛い #注意 #原因 #対策 #めまい #メカニズム #予防



3回の閲覧

最新記事

すべて表示
  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter