• ユーカリ

ジムでのトレーニングを控えて気付いたこと

最終更新: 7月21日


新型コロナウイルスにより、ジム自粛...

いや家で頑張ればいいやん!

当初、私は、こう考えていました。

しかし、実際ホームトレーニングになると、なんか物足りない...

今回は何故、このような考えに至ったかを考察しました。

①環境

②繋がり

まずは

①環境

自宅でもある程度、器具は揃っている。トレーニングを効率良く行えば、筋肥大もする。

でも何故か、やる気が出ない...

その1つに、環境要因があるのだと思いました。

実際、ジムには自宅に比べて、トレーニング器具が揃っている。

家でするよりも効率良く筋肉を大きく出来る。

後はジムに行くと、少なくとも同じような志で頑張っている人達がいる。

頑張っている人が近くにいるから自分も頑張ろうと思える。

これはトレーニングに限らずに言えることだと思う。

仕事にしたって、友人関係だって...

選べないこともあるかもしれませんが、人間は同じような波動に引き寄せられる。

1人で、ホームトレーニングをしている時は、やる気が沸き立たなかったですが、オンラインでパーソナル指導をしていた時間は、楽しくて、満足のいくトレーニングも出来たと思います。

環境って大きい...

続いて

②繋がり

家での生活。

こんなに家にいることもなかった。

当然、人と会うことも少なくなる。

『オンラインでいいやん!』

そんな声も聞こえてきそうですが、やっぱり人に会った方が、細かなニュアンスまで伝わると思いました。

なんだろう...仕草かな?立体感かな?

これは、よく分かりません笑

感覚です...

ジムで言うなら

『今日、どこトレーニングするんですか?』

とか

『暑いっすね〜』

なんて他愛もない会話が、自分の心を満たしてくれていたんだなと感じました。

(なんか病んでるみたいですね...笑)

人は1人では生きていけない。

SNSで!って言っても、文字には表情は無いし、オンラインでは触れることすら出来ない。

これをきっかけにオンラインが主流になるところも増えると思いますが、オフラインの重要性も気付けたと思うので、今は難しいかもしれませんが、オフラインでの繋がりを強くするサービスも増えてくるのでは無いかと私は思っています。

すみません。現在、電子書籍の執筆に、かなりの時間を使っていますので、タメになるようなブログではないですが、次回作も期待していて下さい。

処女作となる『扁平足改善が腰痛を治す』は、お陰様で多くの方に読んで頂いております。

もしまだ読まれていない方が、万が一...有り得ないとは思いますが、いらっしゃいましたらリンクからどうぞ

Amazon.co.jp: 扁平足改善が腰痛を治す eBook: 整体師RYOTA: Kindleストア Amazon.co.jp: 扁平足改善が腰痛を治す eBook: 整体師RYOTA: Kindleストア www.amazon.co.jp


10回の閲覧
  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter