• ユーカリ

なぜ小・中学生の姿勢を改善したいのか

最終更新: 7月22日

なぜ当院が小中学生の姿勢改善を目指しているのか。


これから少子高齢化が進むにあたって介護福祉の方が仕事が増えるのではないかと、よく言われます。


それは確かにそう思います。


ですが、僕はその逆【少子化】の方に目を向けています。


それは介護福祉を仕事とするのは紛れもなく若手の存在だからです。


若手に力がなければ支えることは出来ないと思っています。


それと近頃の小・中学生は特に姿勢が良くないケースが多いと感じています。


姿勢が良くないと、どういったことが起こるか。


それは


姿勢が良くない

座ってるのが辛い

勉強に集中出来ない

親に怒られる


このループにハマってしまいます。


そうすると子供は、余計に机に向かわなくなります。


僕は、そこを支えたい。


そして親子の関係も良いものであってほしい。


姿勢をオステオパシー施術で改善し、かつ必要なトレーニング、ストレッチを伝えます。


そして大事なホームケア。


親御さんと一緒に治していきたい。


先日、小学校に小学生の姿勢改善の話をさせてくださいと言った時に

「そのような取り組みはしていない」

と言われました。


だったらやりましょう!


僕はそう思いました。


まだ皆さんは焦っていない問題かもしれませんが、今後の未来を考えると、どうしても目を背けられません。


是非、当院にご相談ください。


そして、親御さん。


一緒にお子さんの姿勢を改善しましょう!


そして未来の日本をもっともっと活力ある国にしていくんです!


  • Instagram
  • line blog
  • YouTube
  • Twitter